好奇心が元気な脳を作る

医者

認知症は高齢になると発祥のリスクがどんどん高くなってしまいますが、予防することも不可能ではありません。日頃から脳を働かせることを忘れないようにし、抗酸化物質の含まれた食品などを摂るようにしましょう。

高齢者における病気と防止

女性

高齢化社会の進展とともに、認知症に悩まされる人やその家族が増えている。認知症では、日常生活に関わることも忘れてしまい、生活に大きな支障をきたす。これを防止するためには、食生活の改善や運動、脳を使うなどが予防に有効である。

高齢者は知っておくこと

認知症を予防と改善に役立つ情報がコチラに満載です。脳を元気にしてくれる成分が含まれたおすすめのサプリも紹介されてますよ。

サプリメント

高齢者が注意しなければいけないことはたくさんあります。中でも、認知症にならないために気をつけて生活しなければいけません。どうすれば予防できるかを知っておきましょう。まず初めに、認知症を招く危険因子から学ぶことです。高血圧や脳卒中、糖尿病や高脂血症などが原因になります。これらと関係しているのは動脈硬化です。血管が詰まれば、脳血管性認知症のリスクはどんどん高まるでしょう。これらの病気を予防することが重要です。こう言う病気なる人は、ほとんどが食生活がきちんとしていません。塩分の摂りすぎに気をつける、肉ばかり食べないようにする必要があります。最近は、高齢者でも肉をたくさん食べる人が増えました。野菜も忘れずに摂りましょう。いまは健康食品も販売されているので、それを日頃から摂取するという方法もあります。

年々、一人暮らしの高齢者が増加しています。一人と言うことで、食事はスーパーのお惣菜で済ますと言う高齢者が少なくありません。しかし、それでは脳を若く保つことはできないです。結果、認知症になりやすくなるでしょう。料理を作ることは、認知症予防になると言われています。料理を作るためには、買い物に行かなくてはいけません。それだけでも体と脳のトレーニングになるでしょう。また、買ってきた食材を調理すること、盛りつけをすることも認知症の予防に大きな効果があります。お惣菜で簡単に済ませては、あまり体と脳のトレーニングにはなりません。さらに、認知症予防に効果のある健康食品の摂取や、食材から必要栄養素を補う、調理の工夫を学ぶことも、脳の刺激になります。

世界中で進んでいる高齢化

医者

認知症は高齢化が進む先進諸国の課題であり、今後は増加する一方であることや予防するには適度な運動や食生活の見直しといった生活習慣を改めることが有効であることです。運動が苦手な場合は、通勤の仕方にひと工夫すると効果が高いことがあげられます。